【すき焼きの通販】お取り寄せもギフトもココが私のお勧めです。

すき焼きに必要な材料全てが通販で揃うセット

こんにちは、最新の “おすすめ情報” を、いち早くお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、日ごろお世話になってる方に贈るギフトとして喜ばれ、また、ご自宅での特別なお祝いとしてのお取り寄せとしても人気が高い、すき焼きお勧め通販サイトをご紹介させていただきます。

★★★ すき焼きの“うんちく” ★★★

すき焼きといえば、何かいいことがあったときのお祝いで食べる豪華で特別な料理……といったイメージを持つ人が多いでしょう。

すき焼きは牛肉の持つおいしさを堪能でき、一つの鍋の食材をみんなで一緒に楽しむことで連帯感を感じる料理として昔から沢山の人々に親しまれてきました。

すき焼きの起源は諸説ありますが、古くは江戸時代まで歴史をさかのぼります。

江戸時代の日本では、一般庶民の間で獣の肉を食べるという習慣はなく、ましてや、農耕に役立つ牛を食べることは考えられていませんでした。

しかし、農民の間では密かに獣の肉が食べられていたようですが、決して公にするようなことはありませんでした。

ですので、農民たちが鹿やイノシシ、カモなどの獣の肉を食べるときは鍋を使うのではなく、こっそりと外で農作業用の鋤(すき)をよく洗って綺麗にして火にかけ、その上に獣の肉をのせて焼いて食べるようにしていたと言います。

これが鋤(すき)の上で焼くから、すき焼きをと呼ばれる、元祖と考えられてるようです。

そして、すき焼きの食材として牛肉が用いられるようになってきたのは、明治時代の文明開化からです。

文明開化によって牛肉を食べる外国の文化が日本にも持ち込まれ、牛鍋として一気に広まっていったのです。


このような歴史を持つすき焼きですが、その作り方や用いられる食材が、地方によって違ってきます。

大きな特徴としては、関東地方と関西地方でつくり方が異なっているということが挙げられます。

関東地方では、割り下と呼ばれる専用の味のついた汁の中に、牛肉や野菜、豆腐などを入れて煮る調理法で作られることが一般的です。

なぜこのような調理法になったのかは不明ですが一説では気の短い関東人は調味料と食材を一気に鍋に入れて調理したほうが早いと考えたともいわれています。

この割り下は家庭やお店によって使う醤油や出汁が違っていて、それぞれの個性があります。


関東地方がすき焼きを「煮る」一方、関西地方は「焼いて煮る」方法で調理されることが一般的です。

もともとは鋤の上で焼いて食べられていたと考えられる料理ですので、本来の形にはこちらが近いでしょう。

十分に熱したすき焼き鍋に、ラードや牛の脂身で油をひき、そこに牛肉を入れて焼いていきます。

牛肉が焼けてきたら砂糖や醤油、みりんを加えて味を付けます。

野菜や豆腐などは最後のほうで加えて、これらから出た水分で味を薄めて調節します。

出汁を使わず焼く手法で作られるので。関東に比べて濃い味付けになりますし、水分調整を野菜で行うため用いる野菜の種類も 多くなる傾向にあります。


このような調理法の違いから、割り下を使って煮る関東地方の料理は「牛鍋」と呼ばれ、出汁を使わず鍋で焼きながら作る関西の料理を「すき焼きと呼ぶことが多くなりました。

ですが、関東と関西の両方をひとまとめにしていつからか「すき焼き」と呼ぶようになっていったのです。

現在では、高級料理店で提供されるものから一般家庭で調理されるものまで幅広く浸透しています。

高級店では上質で希少な牛肉や野菜などを使って贅沢な味楽しむことができます。

調理も自分でできるところから、お店の人が行ってくれるとこまで様々です。

まさに贅沢なグルメといえますね。

一方で、すき焼きは家庭のメニューとしても食べられています。

一般家庭でも気軽に作ることができるようになったのは、専用の割り下やタレが、スーパー等で気軽に購入できるようになったことが大きいのではないでしょうか。

沢山の種類の割り下やたれが販売されていて、各メーカーで味もちがっています。

また、材料も家庭で手に入れやすい、しいたけ、豆腐、春菊や白滝といった食材であることも一つだといえます。

すき焼きは一つの鍋を家族みんなでつついて食べる、親しみやすい家庭料理としても愛されるようになりました。

★★★ すき焼きのお勧め通販サイト【人形町今半】 ★★★

さて、それでは大切な人に贈るギフトとして、お勧めの通販サイトをご紹介させていただきます。

数あるすき焼きのお取り寄せサイトの中で、私の一番のお勧めは、「人形町今半」さんなんです。

創業は明治28年の歴史あるすき焼き・しゃぶしゃぶ・日本料理の専門店です。

なぜ「人形町今半」さんをお勧めするのかと言いますと、大抵の人が知ってるすき焼きの名店だからです。

高いお肉って、松坂牛であろうと神戸牛であろうと味はどこもそんなに変わらず、美味しいのは当たり前です。

ただ、ブランド牛になると安心感があります。

サシの脂も嫌な感じではありません。

でも、すき焼きになると割り下が絡んできますので、そうなるとすき焼きのブランド店が一番なのです。

近年、通販でちょっとリッチな気分でグルメを楽しみたいという人が増えてきましたが、「人形町今半」さんの取り扱う商品はすき焼きのお肉をはじめ特別感がありますので、そんな方にはぴったりだと思います。

精肉の加工・販売の他に、各種飲食店も経営しており、豊富な知識と経験を積んだ職人が素晴らしい料理を提供しています。

以前は、店頭でしかお料理を楽しむことができませんでしたが、実際に足を運ぶことができない人達から、是非、ギフトとしてお取り寄せができるようにしてほしいというリクエストが届き、オンラインショップが開かれました。

すき焼き専門店ならではの技術と経験が活かされており、通販によるお取り寄せ商品でもあっても、肉本来のおいしさを満喫することができるようになったのです。

「人形町今半」さんの特徴は、なんといっても味と品質にこだわった良質な肉、その肉を加工する技術、そして、とっても美味しい割り下にあると思います。


そのすき焼き用のお肉ですが、「人形町今半」さんでは特定の銘柄の牛肉や生産地にはこだわらず、肉本来の美味しさと牛肉の生産者のこだわりを重視して扱う牛肉を選んでいると言います。

特定の銘柄や生産地のブランド牛肉は確かに美味しいというイメージですが、ブランド牛肉に引けを取らない和牛もたくさん存在しています。

「人形町今半」さんのように、ブランド和牛にとらわれないすき焼きの食材探しができるのは、長年の知識と経験、そしてそれに裏付けされた自信があってこそと言えるでしょう。

また、「人形町今半」さんでは、すき焼き肉の持つ脂肪と肉質の柔らかさを楽しめることを重視しているそうです。

そのため、扱う牛肉はメス牛のもののみ、肉はサシと呼ばれる固い脂肪の多い部分よりも、そのほかの柔らかい脂肪が多く含まれた部分を扱っています。

このような独自のこだわりによって選別された牛肉を「人形町今半黒毛和牛」として提供しているのです。


「人形町今半」さんのすき焼きのお肉の素晴らしさとして、食肉加工の技術力の高さが挙げられます。

古くからの歴史をもつ老舗ですので、その歴史の中で、食肉加工に関する研究も進んだと言います。

長年培われてきた精肉の加工と調理法によって、肉本来の食感・美味しさ・見た目のよさを最大限に引き出すことができたのです。

例えば、すき焼きの美味しさをより引き出すために、「人形町今半」さんでは肉を熟成させているんだそうです。

今では多く聞かれるようになった熟成肉ですが、この熟成も肉が一番美味しくなるような方法とタイミングで行われています。

また、肉の切り分けの作業も、包丁の歯の入れ方一つで肉の柔らかさや見た目が大きく違ってきます。

決して肉の品質を損なわないように細心の注意が払われているのです。


また、「人形町今半」さんが信頼できる要因として、徹底した衛生管理が挙げられます。

すき焼きなどのお肉の通販サイトを選ぶ場合、このことは非常に重視する必要があります。

食肉を扱う会社である以上、安全な食品を提供できるよう材料や調理法には注意を払うのは当然です。

具体的どのようなことが成されているのか、具体的に公開されているので、安心して購入できます。

例えば、ひと月に二回行っている厨房内の衛生管理状態と、食品の細菌チェックはその一つです。

常に衛生的な環境を保てているかのこのチェックは、職員に抜き打ちで行われているんだそうです。

そのほかにも、ひと月に一度クリーンチェックと呼ばれる調査が、人形町今半全事業所で行われています。

定期的にこのような検査を行うことで、すき焼きを扱う上での衛生管理の重要さ、緊張感を常に持てるようにしているのです。


さて最後に、私のお勧め商品をご紹介させていただきます。

それは、【上撰】黒毛和牛すき焼きセットと言って、お肉だけでなく、お野菜からなにからなにまで、すき焼きに必要な材料全てが通販で揃うセットなんです。

これだったら、喜ばれること間違いなしですよね。

どうぞ、ご利用になさってみて下さい。

すき焼きの名店【人形町今半】さんの通販サイトはコチラへどうぞ

 

 ※購入前に必ず公式サイトをご確認ください。


■LINK■